Welcometo Yokosuka Tomato Hotpot

三浦半島はイタリア半島プロジェクト
地域限定メニュー「横須賀トマト鍋」

●三浦半島産のトマト又はトマトソースを使用している
●三浦半島産の野菜や魚介類を食材として用いている
●三浦半島を愛してやまない料理人が調理を担当

彩り鮮やかにして、栄養価に優れるトマトは健康野菜の王様です。
イタリア料理には欠かせないこの万能素材を料理人が大胆にアレンジ。
シンプル、創作、和テイスト…。さあ、アツアツをご賞味あれ!

長谷川 りえ
料理研究家/商品開発アドバイザー
横須賀市野比在住

大手食品会社で商品開発を担当し、料理研究家のアシスタントを経て独立。
テレビの情報番組で「クイックレシピ」や「毎日のお弁当の工夫」など、すぐに役立つ家庭料理を紹介。
市 内では、地元の幼稚園やPTA・コミュニティセンターの料理教室、地場食材を取り入れた講座など幅広く活動する。

Map

Menu

三浦半島はイタリア半島

【三浦半島はイタリア半島プロジェクト】

地形も似ていて、緯度もほぼ同じ。三方が海で取れる食材もほぼ同じ。
三浦半島はイタリア半島だという新たなコンセプトのもと、
三浦半島の魅力を「食」を通して発信していくプロジェクト。
イタリアといえば、「トマト」トマトといえば、カゴメ。
そこで、カゴメに協力いただき、カゴメのトマト缶やトマトソースを
参加店に提供してもらい、オリジナルスープを作成してもらう。
カゴメと連携することにより、サイドメニューにお店オリジナルのトマトスープを提供するのが、
三浦半島はイタリア半島のビジネスモデルとして確立することが出来ました。
今後は、よこすかピッツァ・ブラック以外のメニューにも、
+(ぷらす)オリジナルトマトスープが名物となるように活動していく予定です。

また、参加の飲食店だけでなく、地域の農家とのコラボも予定していて、
カゴメの「トマト」の苗を植えてもらい、収穫体験、料理教室などを実施する予定です。
横須賀商工会議所を通じて、カゴメと地域の事業者の様々な連携が始まっていきます。

横須賀商工会議所 公式サイト